ゲームニュースとアーケードゲーム動画や気になった情報のメモノートサイト

今週発売雑誌情報 ■新作「真 流行り神2 (PS3/PS4/Vita)」7/7発売決定 ■続報「ルートレター (PS4/Vita)」6/16発売決定・「UPPERS(アッパーズ)」7/14発売決定 

今週及び来週頭発売の雑誌情報まとめです。はソースあり
 新作
【 6/9】[PS4] バンダイナムコ「プロジェクト カーズ パーフェクト エディション
【先出し週刊ファミ通】『PROJECT CARS PERFECT EDITION(プロジェクト カーズ パーフェクト エディション)』本格派レーシングシミュレーターが登場
 激レアモデルの収録車情報や初回封入特典など、情報満載でお届け

【】[PS4/Vita] ハチノヨン(8-4)/Capybara Games「スーパータイムフォース ULTRA
【先出し週刊ファミ通】『スーパータイムフォース ULTRA』時間を巻き戻して過去の自分と共闘せよ!
 本作は、時間を操る“スーパータイムフォース”が、歴史上の過ちを修正するために、謎のロボット軍団に立ち向かう横スクロールアクションゲーム
 “タイムアウト”と呼ばれる能力で時間を何度も巻き戻しながら戦う一風変わったゲームシステムや、コラボレーションキャラクター情報などを紹介

 続報
『レビュー』
9989 妖怪三国志
9888 ファークライ プライマル

【 7/7】[PS3/PS4/Vita] 日本一ソフトウェア「真 流行り神2」価格:PS4/PS3 7538円 PSVita 6458円
 ■新川社長と高須ディレクターインタビュー
 大きな目標は原点回帰 原点に立ち戻ろうと開発を進めた
 シナリオについてはかなり気合いを入れたと新川氏が担当
 前作は都市伝説の恐怖が描かれていないという意見もあり、新川氏がプロットから書き起こしている
 過去作のような各話完結型オムニバス形式で、科学パートとオカルトパートが存在するものにするとか
 CEROはZ指定を目指しているが、規制に引っかからないような恐怖も描いていく
 システム周りに大きな変更はなく、セルフクエスチョンを復活、ライアーズアートも引き続き登場
 シナリオを補完する隙間録もあり
 主人公は前作に引き続き北條紗希、魅力的なデザインだしもう一度活躍の場を用意してあげたかった
 前作で嫌いになった人もいるかもしれないが、大変な目に遭った彼女が立派に成長するところを描きたい
 シナリオは過去作で言うと10話分ぐらいのボリューム
 舞台はS県ではなくG県
 岐阜県のあるあるネタは盛り込まれている。岐阜県協力でG県表現はかなりリアル
 シナリオは終わっていて新川氏は別タイトルも担当
 真流行り神は過去のものとは違うものにしようというコンセプトだったが、今回は過去の伝統を踏襲したものになると伝えたかった
 ■ティザーサイト

【2016】[Vita] コンパイルハート「神獄塔 メアリスケルター
【電撃PS】3DダンジョンRPG『神獄塔 メアリスケルター』詳細が判明! パニック&謎ときやダークなお色気も
 ストーリーやキャラクター、システムなどの詳細に加え、原案の乙野四方字氏とゲーム開発スタッフによる対談インタビューも掲載

【 7/28】[Vita] 日本一ソフトウェア「世界一長い5分間」価格:3980円(税別)
【先出し週刊ファミ通】アプリゲーム制作の雄“SYUPRO-DX”がプレイステーション Vitaに初参入! その内容とは……?
■ジャンルはアドベンチャー

【 7/21・2016】[Vita/PS4] 日本ファルコム「イースVIII -Lacrimosa of DANA-
 ■今回の舞台は無人島、アドルとドギは旅の資金を稼ぐため水夫として働いていたが、乗船していたロンバルディア号が沈没し…
  漂流村…サブキャラクターは20人以上で、シナリオを進めるだけだと会わない人も
   村が発展すると住人が増えるほか、施設も増加 農場も出来たりする
  支援イベント…漂着者を村に集めるとイベントが発生
   ドギを仲間に加えると先のエリアに行けるようになったりするなど本編に関係ないルートもある
 キャラクター
  ドギ(Cv:三宅健太)…4年前の冒険以来アドルと共に旅をしてきたパートナーが登場 沈没時に消息不明に
  バルバロス船長(Cv:掛川裕彦)…ロンバルディア号の船長 漂流者をまとめるリーダー役に
  リトル・パロ(Cv:龍田直樹)…オスのオウムで、船長が島で見つけた 人間の言葉をすぐ覚える事から伝令役に
   パロは飛び回って怪しい場所を教えてくれたりと道案内役にも
 近藤季洋社長インタビュー
  セルセタの樹海ではアクションの他記憶集めやマッピングが楽しかったという意見もあり、更にそれを改善しようと考えた
  PSVitaはファルコムのユーザーが一番多いハードと考えているのでそこで出すのは最初から決めていた
  PS4での開発は海外を視野に入れてのもの
  ダーナがもう一人の主人公となったのは、記憶集めでもアクション要素を入れ込む為
  サブタイトルは涙の日と訳しているが、それが一番大きなキーワードになっている
  冒険の裏にある謎を知る事がコンセプトに
  今回は舞台が無人島なので、一人一人のNPCを丁寧に描いている。NPC全員にイベントがある
  アクションは東亰ザナドゥよりも速い
  アクション的にもマップが広くなっている
  獣が襲ってきて迎撃戦が発生する場合も
  タワーディフェンス的な要素もあり
  アドルたちのアクションバトルもある
  迎撃戦は失敗するとゲームオーバーに
  DLCは無料のものの他、コスチュームやアクセサリ配信を予定
  ゲームのボリュームはシリーズでも最大に

【未定→7/14】[Vita] マーベラス「UPPERS(アッパーズ)」価格:4980円(税別)
発売予定日が7/14に決定
 閃乱カグラシリーズより大道寺先輩が参戦、先着購入特典で無料入手可能
 体験版第二弾が3月31日から配信
 体験版ダウンロードで本編ダウンロード版が割引になるキャンペーンも

【 6/30】[PS3/PS4/Vita] コーエーテクモ「討鬼伝2
【先出し週刊ファミ通】『討鬼伝2』新キャラクター&新アクションを公開!
 今回は、新モノノフや、“鬼ノ手”を使った新アクションを紹介
■新モノノフ
 椿…使用武器:槍
  モノノフの里を統括する組織・霊山の訓練兵課程を主席で修了した生真面目な努力家
 神無…使用武器:太刀
  モノノフのサムライ部隊に所属している無口で無愛想な孤高の剣士。じつは天狐が苦手
 
【 6/30】[PS3/PS4/Vita] スクウェア・エニックス「ウォーキング・デッド シーズン2
【 6/23】[PS4] スクウェア・エニックス「ウォーキング・デッド
【先出し週刊ファミ通】『ウォーキング・デッド シーズン2』、『ウォーキング・デッド』を大紹介! “エクストリームエッジ”特集
 主要キャラクターや荒廃した世界の情報を紹介

【今春→6/16】[PS4/Vita] 角川「ルートレター
【先出し週刊ファミ通】『ルートレター』新キャラクターの村上美咲が登場
 今回は、主人公のペンフレンドである文野亜弥の消息を追うためのシステムや、新キャラクターの村上美咲を公開
 豪華特典が同梱された、本作の限定版の内容も紹介
6/16発売決定、通常版:4800円、限定版:7800円
 限定版は亜弥が愛用するバッグをイメージしたキュートな外箱にオリジナルサントラとオリジナルアートブックを同梱

【 3/31・4/28】[PS4/PS3] スクウェア・エニックス「スターオーシャン5
【先出し週刊ファミ通】『スターオーシャン5 -Integrity and Faithlessness-)』お役立ち情報てんこ盛りの発売記念特集!
 バトルのコツや、各キャラクターの解説など、プレイに役立つ情報を掲載
 同号には『ダンガンロンパ』シリーズとのDLCコラボアクセサリー“モノクマのステッカー”も付録

【先出し週刊ファミ通】『艦隊これくしょん -艦これ-』春は“改二”がたくさん!
【先出し週刊ファミ通】『FFXIV』最新の対人戦コンテンツ“ザ・フィースト”を始めよう!
【先出し週刊ファミ通】PS Vita/スマホ版『ロマサガ2』配信記念特集を掲載! 河津秋敏氏らクリエイターのインタビューも
【先出し週刊ファミ通】『妖怪三国志』発売直前巻頭特集! コラボに対談に限定入手の“武将妖怪ぷに”DLC付録!

コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する